美容整形外科で行う顎整形の方法

顔は体の中で最も目立つパーツで、整ったフェイスラインになっているほど美しく見えます。顎のラインがシャープだと顔全体が整った感じになり、体全体のプロポーションもよく見えるものです。顎の悩みには色々あり、例えば顎が引っ込んでいる、顎が長い、脂肪がついている、などがあります。こういった悩みは、顎整形で解消できます。ここでは、美容外科で行う顎整形はどのように行うのかについて紹介します。骨そのものを削ったり、注射をしたり、プロテーゼという足りない部分を補う人工物を入れる整形方法など色々な選択肢がありますから、どれが一番自分の悩みにふさわしいのかをよく考える必要があります。軽い気持ちで受けるのはリスクが高いですから、ここでしっかり悩みを解消していきましょう。

ひとつの方法だけとは限らない顎整形

顎整形といっても、ひとつの整形手術だけを使うのではなく、複数の整形手術を組み合わせることもあります。例えば、二重顎で悩んでいるという場合には骨格が原因ならヒアルロン酸注射をしたり、シリコンプロテーゼを入れるなどの整形方法があります。皮下脂肪が原因ならば脂肪吸引や脂肪溶解注射、皮膚のたるみが原因ならばフェイスリフトや皮膚切除、照射して皮膚を引き締めるなどの整形方法をとります。これらはどれかひとつだけで解消できることもあれば、複数組み合わせないと顎の形が悪くなってしまうこともあります。例えば、たるみが原因ならば糸を使ってフェイスリフトをした後に照射系で皮膚を引き締めるとより高い整形効果が狙えます。この組み合わせは、美容外科の医師が考えて行います。

大掛かりな手術になるエラ削りとは

エラが張っていると、それだけで角張った印象になってしまいます。しかも、必要以上に顔を大きく見せてしまいます。最近ではボトックス注射という筋肉を弛緩させてエラ張りを解消させる方法が主流ですが、これでも効果が出ない時には、最後の選択肢としてエラ削りが行われます。エラ削りは、エラの骨を削るので術後はかなり顔が腫れます。痛みもかなり大きいです。エラ削りをするには全身麻酔が必要で、術後には腫れや知覚麻痺、気道閉塞による窒息などのリスクを伴うので、顎整形の第一選択肢にはなりません。それよりも最初にボトックス注射を行い、それでもダメなら最後の選択肢として選ばれるのが一般的です。効果は半永久的に続きますが、そのぶんリスクが高い整形手術になることを覚悟する必要があります。