美容整形の顎整形で後悔しないためにしておきたいこと

顎整形は輪郭整形のひとつで、引っ込んだ顎を出す顎プロテーゼ、割れ顎を直すヒアルロン酸注射、長すぎる顎を引っ込ませる顎削り、などがあります。どれも本人にとって深刻な問題で、見た目に自信が持てないことで悩んでいるでしょう。しかし、顎整形は本来の自分の顎に手を加える以上、少なからず危険を伴うということを理解しておく必要があります。クリニックによっては不必要な治療まで進めてくる医師がいますから、後で後悔しないようにしましょう。ここでは、割れ顎や長すぎる顎のための顎整形の方法と、その施術の注意点について見ていきます。納得できる仕上がりになるように、費用も後悔しないようにするために慎重に検討しましょう。クリニック選びと医師と相性が合うかも大切です。

割れ顎の整形で後悔しないために

割れ顎は、顎先の形状が生まれつき割れているために、表面や組織もそれに合わせて割れてしまった状態です。これは通常、割れている顎を削る顎削りや、ヒアルロン酸を補填することで割れを埋めて治療します。注意点ですが、割れ顎は骨を削るだけではダメなことがあります。土台の骨だけを整えても、その上の皮膚や組織が治るまでに時間がかかることもあるからです。その場合には一時的にヒアルロン酸注射を行うこともあります。何度も注入する必要はなく、一時的に皮膚を慣らすために用いるものです。ちなみに、ヒアルロン酸単独で割れ顎を治そうと思った場合には、注入しても顎が大きくなるだけで見た目が悪くなることがあります。割れ顎はもともと顎が大きいケースが多いので、小顔や美しいフェイスには仕上がらないこともあります。

顎削りを検討している人が注意したいこと

顎削りは長い顎を短くする、短い顎を出す、顎の形状を整える、といった様々な悩みを解消することができます。一生涯効果が持続しますが、元に戻せないということは十分理解しておく必要があります。美容整形に対してしっかり覚悟がある人以外は避けたほうがいいでしょう。顎削りの一番のリスクは、希望している仕上がりにならなかったというケースです。ただし、これは診察を受けたクリニックの対応が雑だったということが多いです。美容外科で受けることができる顎削りは外輪を削るだけなので、イメージしていたよりも効果がなかったということもあります。また、神経を損傷してしまったことで顎全体の感度が鈍くなったり、麻痺してしまうといった後遺症や、感染症による骨融解のリスクもあるので、よく考えておきましょう。